シミが増えてしまう

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、辛いものですよね。

道行く若い人の肌に目がいってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、お化粧なんかもバッチリのっているのが妬ましいです。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、シミを今以上に増やさないようにしたいです。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングを心がけます。

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はちょっと考えてください。

砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。

糖分とタンパク質が結合することで、全身の老化を早める糖化産物を生じてしまいます。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて黄ぐすみが目立ってきたり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になりかねません。

洗顔を終えたばかりの10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、しっかり洗顔を終えた直後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。

この、短く貴重な奇跡の時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

洗顔したら、手早くタオルで水気をとって化粧水をしっかり吸い込ませてあげてください。

適度な飲酒は全身の血行を良くして、お肌のためにも役に立ちます。

また、酒粕はパックとして使え、くすみのない肌になるそうです。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を少しずつ加えながら柔らかくし、ゆるめのペーストを作ります。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、なめらかにして、酒粕パックの完成です。

もっとも、お酒に弱い方には、このパックは向いていません。

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。

肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚表面のシワが増えて行く事になります。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという訳です。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲンやヒアルロン酸が減少の一途をたどるばかりですから、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。

ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。

乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。

ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける作用があります。

さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする大事な作用があります。

このような栄養素の摂取がシミやくすみのない健康なお肌にする効果を持っています。

シミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。

キメが整っている肌を見ると皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。

たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミは人それぞれです。

一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があります。

具体的な話では、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分け方についてですが、夏場など、日焼けした時にヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。

ホワイピュアの評判でも美肌というものは、とても繊細なものだといえます。